ホームページ・ウェブサイトの管理、運営、運用の代行、変更作業のマハナコーポレーション

ホームページ管理,更新,変更,作業代行

ホームページ・ウェブサイトの管理、運営、運用の代行、変更作業ならマハナコーポレーション

ホームページの変更作業

マハナコーポレーションでは、毎日、ホームページの変更作業を行っております。

1.「最新情報」はアップデートしていますか?

ホームページ・ウェブサイトの管理、運営、運用の代行、変更作業ならマハナコーポレーション

「最新」情報が5年前の日付になっていませんか?

ホームページは企業の顔です。そのトップページに掲載されている「最新」情報が5年前の日付だったら、見た人はどう思うでしょう?

トップページの「最新情報」を最新に保つことは、企業の最重要課題だと言っても過言ではありません。貴社のお客様のためにも、最新情報は必ずアップデートするようにしてください。

2.取引先名、銀行名が古いままではありませんか?

自社に何もアップデートする情報がないといっても、アップデートする必要があるのは自社の情報だけではありません。取引先名で社名が変わっているところがあるかも知れませんし、銀行名などはよく変わっています。これらをタイミングよく更新していかないと、古いと思われてしまいます。

「国鉄」「電電公社」という看板を今見かけたら古いと思いませんか?

3.スマホ対応になっていますか?

半数以上、業種によっては9割以上の人がスマートフォンでホームページをチェックする時代です。スマートフォンで見てレイアウトが崩れたり、文字が小さくなってしまい読みにくいホームページやボタンを押しにくいホームページは、見る人にとって不便なだけではなく、グーグル対策上も悪影響があると言われています。会社の信頼を傷つけることにもなりかねません。

ホームページのスマートフォン対策は、企業のホームページにとって必要不可欠と言えるでしょう。

4.リンク切れはありませんか?

関連会社や提携先、所属団体などへのリンクが古いままだと、リンク先が変わっていてエラーになることがあります。クリックして開いた画面がエラーになっていると、ホームページそのものの信憑性が疑われてしまいます。また、グーグル対策上も不利になってしまいます。

リンクは常にアップデートしておくことが重要です。

5.古い技術が使われていませんか?

10年前にはよく使われていた動画の技術FLASH(フラッシュ)は、今のiPhoneやiPadでは表示されませんし、その他のツール、最新のパソコン、ブラウザーでは対応できないことが多々あります。これらの技術を使ったものが会社の顔であるホームページに載っているとそれだけでマイナスの印象になってしまいます。

また、問合せフォーム、その他の仕組みも、古い技術が使われていると最新のパソコンに対応していない可能性があります。

是非、お気軽にご相談ください!

ホームページ管理・運用・変更に関するお問合せ

 

他社制作の変更・更新ってできるの?

ホームページ・ウェブサイトの管理、運営、運用の代行、変更作業ならマハナコーポレーション

ホームページを制作したものの、制作を依頼した会社がなくなってしまった、あるいは、その後の修正・変更・更新・管理での対応が遅い・悪いなどという場合には、どうしたら良いのでしょうか?

管理会社を変更するのもひとつの方法です。

理由は、連絡が取れなくなった以外にもいろいろあると思います。 例えば、 更新費用がかさむので、もっと安く請け負ってくれるところに変えたい。 更新や変更を依頼したが、対応が遅い。もっとスピーディーに更新したい 。業者とケンカしてしまい、連絡がしたくない。 デザインが気に入らないので、新しくしたいが最初制作を依頼した会社には頼みたくない、などなど。

そもそもの原因として考えられるのは、 制作会社に依頼する際、ホームページを作成することばかりに気を取られ、その後の、更新やそれにかかる費用を考えていなかったというのがあるでしょう。また、業者に依頼する際、当初かかる制作費用ばかりに気をとられており、制作費用の安いところに頼んだら、更新費が高くついてしまったということもあるかも知れません。

いずれも場合でも、既存サイトの修正・更新・変更・保守管理・運営は、別の業者(制作会社)で問題なく引継ぐことが通常は可能です。

まず、必ず必要になるのは、サーバー情報とドメイン情報です。 既に独自ドメインを所有している場合に、制作会社を変更したいときは、既存ドメインを新しいサーバーへ移管して引き続き運用が可能です。 独自ドメイン用メールアドレスも同様で、新しいサーバーで再設定することにより問題なく引き継げます。

但し、独自ドメインを移管しただけでは、URLにアクセスしてもホームページは何も表示されないまま空白です。 そこで、古いホームページデータ一式の移動作業が必要となります。データの移動自体は特殊なプログラムを使用していない限り、大抵は可能です。

そのためには、レンタルサーバの情報やドメイン情報など移管に際して必要な情報を、制作会社から入手する必要があります。 もし、最初に制作した会社がなくなってしまっていたり、突然連絡が取れなくなったりして、ドメイン情報やサーバ情報をとれなくなってしまった場合には、ホームページを引継げなくなる恐れがあります。

ホームページを制作する際には、その後の運営や管理、SEO対策など経験が豊富な会社を選び、初期費用やかっこいいデザインばかりに気をとられないようにすることと、万一、管理を移管する際には元の管理会社や制作会社と円満に解決することが重要です。

 

 

お問合せはお気軽に!

ホームページ・ウェブサイトの管理、運営、運用の代行、変更作業のマハナコーポレーション

株式会社マハナコーポレーション
TEL: 03-6416-9214

ホームページ管理・運用・変更に関するお問合せ